次世代赤外線銃をどうかする研究所-RED RAY JAPAN-

次世代赤外線銃開発と制作をしながら赤外線でサバゲが出来ないか?!を模索しています(`・ω・´)ゞ 検・レッドレイジャパン 赤外線銃 光線銃 対戦ゲーム

赤外線銃開発と制作をしながら赤外線でサバゲが出来ないか?!を模索しています。

子供も大人もおねーさんも
何処でも(商業施設や商店街、学校、普通に人の入るどこかでも)遊べるのが特徴です

リモコンと変わらない赤外線なので目に入っても大丈夫!掃除もいらずに超エコ
そんな特性を応用出来るようなゲームの構築などやってます。(`・ω・´)ゞ

カテゴリ: 赤外線銃開発日誌

こんにちは。ナカムラ一等兵です。
今日はニコニコ超会議で使える
小道具の作り方を紹介しますよ。
メモの準備はできてますか?



前回の超会議3では、ニコニコ技術部のAOさんに

完成度の高いジョジョの石仮面型受光部を製作していただきました。

こんなの↓赤い部分に赤外線が当たると赤く光って震える。
tmkm

AOさんの動画はこちら↓



今回のニコニコ超会議2015では

われわれREDRAYJAPANはネギの企画と連動した企画で、

参加者が的になる「的になりたい勇者募集」企画をおこないます。

なにするのかって??


赤外線受光部の作り方を公開するので
みんなで赤外線の的をつくって、
ニコニコ超会議で撃たれましょう!! 


自作するのは難しそうと思ってしまうかと思いますが、
そう思っていた電気工作初心者の不器用なわたしが作れたので
大抵の人は作れるかと思います!!


実際に作っている説明動画も作りました↓↓ご覧あれ〜。




こんな感じです!
簡単でしょ?

改めて使用したパーツの紹介です。(リンクはパーツ取扱店にジャンプします)
赤外線受光部
コンデンサー(100μF25V105℃)
PNP型トランジスタ


回路図はこんな感じです。↓

tmkm


白い部分が赤外線受光ユニットです。
灰色の部分は100均のLED機器の元からあった部分です。


出来上がったものはご自宅のテレビのリモコンで
テストできるので反応するかお試しください。

ぜひ超会議2015では
コスプレの衣装に受光部を忍ばせ
会場で撃たれて光って目立ってください!!



今回はLED機器に受光部ユニットを入れましたが、

応用できる人は別のアクションの機器(振動とか?)にチャレンジしてみてください!


ブログかツイッターにコメントやメッセージをいただければ
分かる範囲でお答えしますのでお気軽にメッセージください。


あとどうしても受光部ユニットが作れる自信がないという方は、
受光部・コンデンサー・トランジスタの3つを
組んだユニット(回路図の白い部分)をお送りします(たぶん)


 以上、報告終わり!

P90_01

皆様お久しぶりです!


最近ナカムラ二等兵にブログを占領されつつあるレッド将軍です!


さてイキナリですが

今週末3月7日㈯、3月8日㈰ 15時~20時で

某企画を推し進めていた会社さんと一緒に限定お披露目企画を実施します!


ななんあななあななんあなななななあんあと!


全国初お披露目です。
BlogPaint
皆さんのお越しをお待ちしておりま~す。



因みにこんな感じのNEW企画も進行中です!!
IMG_3197
こんな感じで打合せをして~ (奥は自分です。)


DSC_4904
将軍こうですか!?  

DSC_4921
                        違う違う!こうだっ!

IMG_3252
                             こうですね?! 

( ・∀・)イイゾ!その調子だっ!

な寸劇。


皆様乞うご期待です(`・ω・´)ゞ


そんなとこ~(´・ω・`)


おまけ

DSC_4925


DSC_4939

IMG_3220






こんにちは。ナカムラ二等兵です。
無事ニコニコ闘会議終わりました。




今回のニコニコ闘会議は、初開催のイベントで二日間に渡り開催され、
3万5786人の方が来場されたそうです。
私の印象としてはゲーム実況の祭典といった感じでした。

tmkm


そんなゲーム実況の祭典にゲームとは近いようで遠い、
まるなげブースと呼ばれるわれわれも出店させていただいたエリアがありました。

tmkm


ここのブースはニコつくが運営からまるなげされたユーザー出店のエリアです。
限られたスペースに
自宅警備隊NEETさんや日本うんこ学会さん、販売の方々でひしめき合っていました。


そんな人が多く行き交う場所で赤外線銃を展示、
撃たせる体験コーナーも設けました。
参加者が用意された約20m先のマトに向かって撃つ撃つ…。
子どもも大人もレイヤーさんもみんな夢中。
通行人などお構いなしです。

tmkm

こんなことBB弾でやったあかつきには大問題ですよね。
でも赤外線銃は人に当たろうがただの光なので全く問題なし。
当たったかどうかすら気が付きません。

3万5786人いる会場でも問題なく遊べる赤外線銃、
一家に一台いかがですか?笑
※と言っても販売はしておりません^^;

ただ今回体験していただいた方から、
会社で社員同士で撃ち合いがしたいとの相談をいただきました。
もう少し量産体制が整えばレンタルなどは開始できると思うので、
レンタルに興味がある方はぜひコメントください(^o^)


今回ニコニコ闘会議に出店してみて、
ゲーム実況はさすがにお客さんの層が違うようにも感じましたが、
それでも興味を持つ人も多く、
赤外線銃は年齢性別問わず、
どんなユーザーにも楽しんでもらえるツールだと改めて思いました。


ではそんなところで
報告終わり!

REDRAYJAPANの開発している赤外線銃を使用した時の公式基本ルールです


プレイヤーはセンサーのついた帽子を被ります。
相手の帽子を狙い、撃ち合います。
tmkm

プレイヤーにはそれぞれHPが設定されています。(基本:100)
相手プレイヤーのHPをゼロにすると勝利となります。

tmkm

赤外線銃には攻撃力がそれぞれあり、
P90N型、P90型は、攻撃力10です。(2015年1月現在)
(今後開発する赤外線銃は特徴に合わせて攻撃力が変わる場合があります。)

なのでP90型を使用してのゲームの場合、
相手に10発当てると相手を倒すことが出来ます。
自分も10発当たると負けてしまいます。
先に10発当てれば勝利ってことですね!

フレンドリーファイヤ(同士打ち)あり。
弾数制限あり。

これが赤外線銃の基本ルールとなります。
ここからサバイバルゲーム同様、
チームデスマッチやフラッグ戦、バトルロイヤル、VIP戦など、
さまざまなゲームルールで遊ぶことができます。

REDRAYJAPANでは、赤外線銃を使ってサバイバルゲームが出来ないかと活動しています。

赤外線銃にはこのようなメリットがあります。
当たっても痛くない→安全
射程距離が長い
ゴミが出ない→エコ

つまり
BB弾を使用すると他の人に迷惑がかかる街中やショッピングモール
ビルからビルで撃ちあうロングレンジスナイパー戦
ゴミが出ないので公園や近くの山でサバイバルゲーム
なんてシチュエーションで楽しめるのです。


また当たってケガをすることがないので、
家族で対戦することもできます。

↑このページのトップヘ